ひとやすみ。


UNE PETITE PAUSE***** 日々のつぶやき ***** with mobile photo
by juno7777
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:note( 5 )

学校給食

今日は、とある仕事があり、小学校を訪問しました。

年に一度程こういう機会があるのですが、
自分が行っていた学校ではなくても、”学校”自体が懐かしい。

廊下を歩いたり、教室の中に入ったり、
子供たちの元気さに触れたり・・・、
そのうち”ふっ”と自分自身の小学校時代に
頭の中がタイムスリップしてしまう。

そして小学校のお楽しみと言えばー、
そう、給食タイム!! (ん・・・そうでもない??)

d0024809_20143656.jpg


机をまぁるくして、4年生の子達と一緒に頂きました。

この学校では、月に一度”各国料理”が出されるそうで、
今日はたまたまその日。
メニューは「豚キムチ丼」でした。

小学生の時もそうだったけれど、全部食べ切れなくて、
ジャガイモを隣の男の子に食べてもらいました(笑)

そして、子供たちの元気をいっぱい貰った1日でした!
[PR]
by juno7777 | 2008-07-11 20:37 | note

帰りました!

先ほど帰ってきました。
↓の記事、「more」以下がちゃんと送信できてなくて、
途中で終わっていてゴメンナサイ。
今送信しましたので、よかったら完結編をお読みください。
お返事、またゆっくり書きます^^
[PR]
by juno7777 | 2007-03-15 20:20 | note

深呼吸

山川紘矢&亜希子さんのメルマガを購読しています。
今日配信分の冒頭にあった言葉が良かったのでご紹介します。

まず、深呼吸をしましょう。
大きく息をすって、止めて。
しばらく肺の中の空気を楽しんでから、ゆっくりとはきます。
そこで、にっこりとしましょう。


緊張とか不安とか怒りなどの、
マイナス感情がやって来そうな時など、
”ちょっと深呼吸”、
いかがでしょうか。
[PR]
by juno7777 | 2006-11-08 00:25 | note

治癒力UPプログラム

治癒力UPプログラムの第2週目です。
出来る範囲で、マイペースで進めています。

*2週目*(抜粋)
1.引き続き、最低1回は魚、2回はブロッコリーを食べる。
2.全粒穀物の摂取量を増やす。
3.大豆食品を食べる。
4.緑茶を飲む。
5.複合カロチンのカプセル剤を飲む(リコピン入り)。
6.歩く時間を15分に増やし、週5日は歩く。
7.公園など、緑豊かな場所へ行き、特に何もしないでその場のエネルギーを感じる。
8.1日だけ、「ニュース断ち」をする。
9.1日5分の「呼吸を見守る」訓練に、第2の呼吸法を加える。

だんだん、難しくなってきました;;
特に今週はお天気がずっと悪くて、ほとんどお散歩ができない。
7番が注目かな。
”特に何もしないでその場のエネルギーを感じる”。
私にはこれがなかなか難しい。
ベンチが好きなくせに、ベンチに座ってじっとすることが苦手(笑)
私たちは、思考や感情に支配されすぎているらしい。
確かに私は、いつも何かを”考えて”いたり、”感じよう”としていたり・・・、
”無”になることも必要なのかな。

「ニュース断ち」も面白い。
以前、別のワイル博士の著書を読んでから、私は時々実行しています。
たしかその本では、”ニュース断食”と訳されていたような。

今一番困っているのが、悲しいニュースが多すぎること。
今に始ったことではないけれど。
我が家の夕食時間は遅くて、どうしても22時になってしまう。
そして「報道ステーション」を見ながら食べるのが日課になっている。
食事をしながら涙をこらえないとならなかったり(例えば、昨晩の横田めぐみさんの
42歳の誕生日の話)、
あまりに悲惨なニュースが流れてくると、箸を持つ手が止まってしまうこともしばしばだ。

あぁ、身体に悪いなぁ、何とかしたいなぁ。
幸い、食卓とTVの間には犬用のサークルが置いてあって、
”ちょっとまずいな”と感じたら、彼に話しかける。
目と目が合うと、ちょっと空気が変わり、癒されるのです。
[PR]
by juno7777 | 2006-10-06 15:10 | note

治癒力UPプログラム

前々回ご紹介した、Dr.アンドリュー・ワイルの「8週間プログラム」。
全部はムリでも、出来ることから実践しよう!と決めました。
忘れないように、ここに簡単にまとめておきます(抜粋)。

*一週目*
1.家にある、健康によくない食品をすべて処分する(人工着色料・人工甘味料入りのものなど)

2.エクストラバージン・オリーブ油とゴマ油のみ使う。

3.新鮮なブロッコリーを週に最低2回食べる、最低1回はサケかイワシかニシンを食べる。

4.ビタミンCを朝食時と夕食時にそれぞれ1000mg。

5.毎日5分間、自分の呼吸を観察する訓練をはじめる。

6.花を買ってきて、自宅の好きなところに活ける。

それぞれの詳しい説明は「心身自在」に書かれているのですが、このプログラムは「癒す心、治す力」の方でも紹介されていて、初めてこれを読んだ時、6番目の、
”花を買ってきて愛でる”、
というのを見て、「!」ピンと来るものがあり、それ以来ワイル博士の著書を数冊読むようになりました。

でも、健康な時って、読んで納得して終わりー。
けれども、Dr.ワイルも書いているように、病気に対しては「先手を打つこと」が大切だそうです。気づいた時には遅いんですよね・・・。

普通、病気の人に、「花を買ってきて飾りなさい」なんて言うお医者様はいないですよね。
でも、そういうことって、とても重要だと思うのです。
世界中、多分特に先進国の人々が皆、花に囲まれて、花を愛でる生活を送っていれば、世の中の悪いことが少し、減るのではないかな。

本当は、花ではなくて、大自然そのものに包まれているのが一番なのだろうけれど。
でも、花は「小さな自然」です。自然から切り離されてしまった私たちに、必要なものだと思うのです。
[PR]
by juno7777 | 2006-09-17 20:43 | note
Other sites of Juno
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
レストランホテル
from Mon voyage 
記念日に大切な人と甘ーい..
from お取り寄せグルメ大図鑑 -グ..
かわいいマカロン
from ありふれたscene
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧